hina blog

盛岡の雑貨店hina(ヒナ)の日誌
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# 傘と、「街と山のあいだ」

彼岸の入り。

出勤前にお墓参りに行ったら、いきなりTVのニュースのカメラを向けられ……

 

ご先祖様の前で「嫌です!」と断るのも大人げない、と思い

映されるがままにしてましたが、オンエアになったのかな……されていませんように……

 

*************

 

昨日・今日と、いきなりの雨。

本当に困りますよね。

 

昨日、映画を観終わって外に出たら雨が降っていたというスタッフMさん。

『仕方なくビニ傘買ったけれど、どうせならhinaで買いたかった』とメールがきてました(笑)

かわいいスタッフにっこり

 

やっぱり折り畳み傘を持ち歩くのが一番いいんでしょうね、ということで、

少し、目新しい色柄入荷しています。

 

雨の日は明るく。

 

折りたたむ大きさもいろいろ。

2100円+税〜です。

 

****************

 

以前、小冊子『murren』の販売店訪問記で、発行・編集人の若菜さんがうちの店のことを書いてくださり(→)、

その文章がとてもとても嬉しくて、

「私が死んだらこの文章をプリントアウトして棺桶に入れて欲しい」とMさんにお願いしているのですが(笑)。

 

その若菜晃子さんの、初の随筆集が発売されております。

 

街と山のあいだ/若菜晃子』(1600円+税)

 

登山専門の出版社にお勤めされた後、「街と山のあいだ」をテーマにした小冊子『murren』の編集・発行人、そして文筆家としてご活躍の若菜さん。

この随筆集では、四季にわたる山行記や、登山雑誌の編集部に在籍していた頃の記憶に残るエピソードなど、山にまつわる文章があつめられています。

 

登山には全く興味のない私ですし(笑)、

大好きな若菜さんの本とは言え、これを読んだからと言って、「私もいざゆかん山へ!」ということにはならないのですが、

それでも、ぐいぐい読み進めることができるのは、

若菜さんにとっての「山」のような存在を、

誰もがもっているからなのではないかな?と思います。

 

「〜略〜

そんなふうに見つけた自分だけのお気に入りの場所は、そっととっておくといい。いつかまた、地図を開き、あそこへ行こうと思える山があるのは、人生において幸運なことだ。」

 

「本当に山が好きな人は、その山が高かろうが低かろうが、有名であろうが無名であろうが、それぞれにその山のよさがわかる。そしてそれぞれにその山と相対する。それが真の山というものだ。」(本文より)

 

こういった文章を読んで、私は山には登らないけれども、「山」に置き換えて読んでしまう、大切なものがあって、幸せだなあ、と思いましたよ。

 

本文中に出てくるイラストも、若菜さんが描かれていて、

そのポストカード(5枚セット)も販売しております!

 

 

| - | - | 19:32 | category: - |
# 敬老の日に発売!「鶴と亀 禄」

台風一過。

とにもかくにも、いしがきミュージックフェスティバル、開催にこぎつけることができて良かったですねー。

私もちらりMOSSステージを覗いてきましたが、かなり盛り上がってました。

会場アナウンスのDJ高橋ちえさんの、やりきって泣いてる顔涙が、もう脳裏に浮かんでます〜(笑)

 

 

店の方では、若い女の子が

「ああ〜おばあちゃんに何あげよう〜」

と、敬老の日のプレゼント探し。

えらい!えらいよ!

きっと、何倍かのおこづかいになって、戻ってくるよ!

 

そう、今日は敬老の日。

そして、待ちに待った『鶴と亀 禄』の発売日でした!

 

「鶴と亀?

『つるとはな』じゃなくて?」

という方にご説明しましょう。

 

 

「鶴と亀」は、長野県・奥信濃で作られているフリーペーパー(ペーパーというには豪華すぎ。)で、

地元のおじいちゃん・おばあちゃんの日常をストリートカルチャーの世界観で切り取って、

「田舎にもこんなにカッコイイ生き方もあるんだよー」と発信し続けて、早5号となっております。

 

(なんでも、発行人の小林さんを追ったドキュメンタリー番組『鶴と亀とオレ』が、

昨年の日本民間放送連盟賞の最優秀賞を受賞したそう!)

 

今まで配布したバックナンバーは、

「え?これ、ただでもらっていいんですか?」

と、おずおずと持って行く方続出で、すぐになくなっていました。

 

その後も、電話で、メールで、直接店で、「バックナンバー無いですか?」としばしば聞かれておりましたが、

この度、1〜5号を再編集して、新たな内容(秋田&沖縄のおじいちゃんおばあちゃんも取材!)を加え、

『鶴と亀 禄』(2300円+税)として書籍化されたのです!

 

 

このパンチのある表紙を見ただけで、期待値がMAX!

(ちなみに、表紙の鶴と亀ステッカーは、初版分にしか貼られません。)

 

内容は、もったいぶって画像UPしませんが、

表紙同様、カッコイイのかコワいのか、可愛いのか可笑しいのかわからない、いろんな印象を与えてくれるおじい&おばあの写真や、

奥信濃スタイル(ファッションチェック)、奥信濃ちゃんじーちゃんばー列伝(漫画)、ある日のお茶飲み座談会、

イケてるひとたち×おじいおばあの対談(田我流×丸山皓江、角舘健悟×角舘幸子、のん×小林義男)、などなど……

 

あ、冒頭で書いた、おばあちゃんからのおこづかい見返りの話に通ずる

「ODACHINハスラー」というコーナーもあります。

 

『あるある〜』『へええええええ!』『なるほど〜』『あはははは!』

ページをめくるたび、忙しい忙しい!

 

内容充実・写真モリモリで、重量感たっぷりのA4変形224ページ。

今のところは、全国でも限られた店舗での販売になりますので、ぜひぜひ、当店まで見にいらしてください。

今ならまだ、フリーの5号も在庫あります!

 

……とはいえ、明日は定休日、すみません。

水曜以降にお待ちしておりますね。

 

( ↑ 第参号の予告動画)

 

 

 

 

| - | - | 19:54 | category: - |
# salvia BOOK&CALENDAR  新登場です。

いよいよ降り始めました、雨。

この後、どんどん強くなっていくのでしょうね……

平泉では、本降りの雨の中、レキシのライブが行われている模様🌾。

(みんな風邪ひきませんように……)

 

そして、やはり小岩井craft市は、明日の中止が発表されていました。

残念ですね泣く

 

はたして明日の「いしがきミュージックフェスティバル」はどうなりますでしょう。

 

そんな三連休最終日の明日、

岩手県立美術館で開催中の『花森安治の仕事 デザインする手、編集長の眼』は、敬老の日ということで、満65歳以上の方は入場無料とのことですよ。

お母さま、おばあさまを誘って訪れてみるのはいかがでしょう?

日頃、月曜に行きたくても閉館日だから行けない!という方も、祝日の明日ならば!

 

そして、行き帰りに当店にもどうぞお立ち寄りを〜。

 

 

今日も、またまたカレンダーのご紹介。

どんどん出てくるので、買い時が難しいですよね(笑)、

「いつ決めればいいの!?」と。

 

(今月中に、ノラヤさん、葛西薫さんのカレンダー、10月中にはオガサワラユウダイさんのカレンダーが入荷の予定です。

時期は未定ですが、ぺぺぺ日めくりカレンダーももちろんオーダーしますので、ご安心ください!

ペペペ、続々とご予約もはいってます(笑)

まだご案内はきてませんが、水縞さん・おはぎやまもきっと発売されるでしょうー。)

 

今日ご紹介しますのは、サルビアさんから初めて発売されるカレンダーです。

 

salvia BOOK&CALENDAR 』2160円(税込)

 

「季刊サルビア」が、発行から10年でいったんお休みし、

この度リニューアルして、「ものづくりと日々のくらしのための、 あたらしい“ ものさし ”を考える本『『MAKING THOUGHTS』」に生まれ変わりました。

 

 

こちらはその「MAKING THOUGHT」(特集は「糸〜yarn〜」)と、カレンダーのセットです。

 

 

よそおいブローチ」の箱でもおなじみの、竹内紙器製作所さんと一緒に作ったカレンダーは、

6種類の紙にオフセット印刷、シルク印刷、型押し加工をしているものまで、いろいろな技法を使って刷られています。

なんて贅沢!

 

 

そして、その月が終わったら、カレンダー部分を切り離して、ポストカードとしても使えるのがウレシイ!

カレンダー・カードをしまっておけるペーパーケースもついているのも助かりますねぇ。

 

書きこみをする実用的なカレンダーとは違う、

絵を飾るような感覚のカレンダーですので、

贈り物にもおすすめします。

 

お知らせが遅くなってしまいましたが、こちらも毎年定番人気の「Zakka カレンダー」(1500円+税)

入荷しております。

 

 

では、皆様のお住まいの地域に、台風の大きな被害が無いように念じつつ、

私も早めに帰ります!

 

 

 

| - | - | 19:31 | category: - |
# リネンハットにまたしても新色追加です。

三連休がはじまりましたが、

気になるのは台風の進路ですね……

 

楽しみにしていらっしゃる方も多い小岩井クラフト市、明日・明後日と開催の予定ですが、

今のところ明日だけの開催になる可能性が高いとのこと。

(18日の開催については、HPをチェックしてみてください。)

 

当店でもお取扱いさせていただいております聚落社さんも、遠路はるばる京都からお越しになっているので、

どうか2日間開催できますように……と祈るばかりです。

(聚落社さん、ポーチが初登場!との情報があります。要チェックですね。)

 

*************

 

明日・明後日は無用の物になりそうではありますが……

リーノ・エ・リーナさんより、人気のリネンハットの新色が届いております。

(みなさんから「まだ出るの!?」というツッコミの声が聞こえてきそうです……)

 

【ハット マノン】ヴィンテージモーヴ (6800円+税)

 

ルビ

 

いずれも、スモーキーなパープルとピンクの中間色の濃淡、といった感じの、

とても優しい色合いとなっております。

 

来月運動会があるんだ〜という方や、秋の旅行に出かける予定!という方々、いかがでしょうか?

 

同じお色のエプロンも入荷しました。

【エプロン アニタ】ヴィンテージモーブ/ルビ 6900円+税

 

紐で肩が凝る、という方におススメの、かぶりタイプのフルエプロンです。

ポケットは右側に1つ。

 

バックスタイルはこんな感じです。

 

比較的ご年配の方にもなじみの良いお色だと思いますので、

敬老の日の贈り物にもおススメですよ。(明後日は何の祝日か、お忘れではないでしょうね?)

 

 

その他、こんな秋色のリネンバッグ(デュオ/イエロー・3600円+税)やランチョンマット(1200円+税)、

同シリーズのポーチ(2400円+税)なども届いています。

 

帽子の欠けていたお色や、エプロンの他の形も入荷していますので、

リーノ・エ・リーナのウォッシュ加工シリーズがお好きな方、どうぞ見にいらしてくださいね!

 

 

 

| - | - | 20:18 | category: - |
# 赤いワンピースや赤いバッグなど。(ブルーもね)

一句できました。

 

「久々に お客様かと思いきや お祭りの山車の 寄付集めなのね」(字余り)

 

はい、山車の通る時だけは賑やかですが、

それ以外は本当に静かな金曜日でした。

天気も良かったのに、まさかミサイルのせいでもあるまいに……顔

 

 

さて、昨日に引き続き、アトリエナルセさんの新作のご紹介です。

 

昨シーズンの赤い靴下の大人気ぶりから、どうやらみなさん「赤」が気になっているご様子……と思っております。

こちらのワンピースも人気が出そうですね。

 

【atelier naruse】 ウールニットカットコクーンワンピース(レッド)30000円+税

 

ネイビーもあります。

 

光沢のある上質なウールニット地で作られており、暖かさと軽やかさを併せ持つワンピース。

左右の切りポケットと、長めの袖口のリブが印象的です。

 

また、左右の裾がこのように押さえられている、コクーンシルエットになっていますよ。

 

 

サイズ感としては9〜13号と幅広く、インナーに重ね着するにも着やすいのがウレシイですね。

また、ご自宅でお洗濯していただけるのも高ポイントです!

 

↑ 急遽、着てもらったのに、しっかりとアトリエナルセさんの靴下を履いてきていた、ナイスSちゃん!

 

当店スタッフの間でも、所有率の高いナルセさんの靴下ですが、

まず今季はこの2型が入荷してまいりました。

 

ハシゴの柄の「コットン〜ladder〜ミドルソックス」(ブラック・ピンク・グリーン/2000円+税)と

 

「ウール〜KURUMI DE MILK〜ハイソックス」(ブラック・ブラウン・グレイ/2750円+税)です。

 

クルミが一杯に入ったミルク瓶。

クルミデミルク。クルミデ……

……あ!上から読んでも下から読んでも‼

 

 

もう1つ、赤いアイテムが入荷してきておりますので、そちらもご紹介。

 

 

本日、大人のおしゃれの新刊が発売になりましたイオグラフィックさんより、

帆布のショルダーバッグも届きました。

 

【イオグッズ 帆布ポケットショルダーバッグ】(赤/5300円+税)

 

 

紐部分が太目で、肩に負担の少ないタイプですが、特徴はなんと言ってもその内側。

 

裏返してみますと、このようにポケットが2段になって計4つ。

 

大きなバッグの中で、迷子になりがちな小物を、取り出しやすく入れておくことができます!

 

ブルーもあります。

ぐるりと後ろに回すと、すっぽりお尻を隠してくれるのが非常に助かります!

 

両手を空けておけるショルダーは、小さなお子さんがいらっしゃる方でお探しの方も多いですよね。

ぜひ1度、店頭でお試しになってみてください!

 

| - | - | 21:12 | category: - |
# atelier naruseさんからA/W第一弾届いてます

今日の会話(ショートショート)。

 

私「斉藤由貴って、モテるんだねぇ〜。

 あの、近眼そうな目がいいんだろうなあ〜。」

 

スタッフMさん「わたし、目がいい……」

 

トンボ トンボ トンボ トンボ トンボ トンボ

 

さて、今日は昨日届きましたatelier naruseさんの秋の新作第一弾より、

一部をご紹介します!

 

 

【ウール衿付カットソーカーディガン】(チャコール/キャメル・各16500円+税)

 

白と黒の小さ目の襟がポイントのカットソーカーデ。

少し光沢のある素材で、薄手で柔らか。

インナーとしても活躍しそうですね。

 

 

【起毛コットンクレリックシャツ】(チャコールストライプ/グレイ・18500円+税)

 

衿とカフスがバイカラーのしなやかな起毛シャツです。

ゆったりとした着心地の上に、背中はギャザーですので、ふんわりめに着ていただけるのではないでしょうか。

 

【ウールニットクルーネックカットソー】(レッド/15000円+税)

 

触り心地のよい高級ニット地のウールカットソーです。

1枚で着ても、インナーにしても。

この画像で伝わるといいのですが、とっても美しい赤です。

首元の開きもちょうどいいですね。

 

 

【起毛リネンタイトスカート】(マスタード/チャコール サイズ38/40・17500円+税)

 

アトリエナルセさんと言えば、くらい定番になったゴム付きタイトスカート。

今回は少々起毛した高密度ツイルリネンで登場です。

縦に入ったポケットが特徴的。後ろ側がゴムになっているのもうれしいポイントです。

 

そして、今季からスカートの少しゆったりめサイズ「40」が発売になりました。

今まで、「可愛いんだけど、ちょっとキツイかも……」と諦めていらした方、朗報です!!

 

 

 

いろいろなコーディネートができる色味です。

秋冬のワードローブにぜひ加えてください。

 

明日は、ワンピースとソックスをご紹介しますね!

 

大橋歩さんの写真が素敵な「2018年 アルネ カレンダー」(700円+税)も入荷してまいりました。→

このところ、毎日新しいカレンダーが……

明日も「サルビア」さんのカレンダーが初登場の予定です。

どうぞお楽しみに!

 

 

 

 

 

| - | - | 20:51 | category: - |
# 花森安治カレンダー2種入荷しました

スタッフMさんが、浄土真宗のことを

 

どうじょ真宗」

 

と言っていて、

私の家は浄土真宗だけれども、

そちらに改宗したいような気持ちになりました。

 

なんだかウエルカムな感じーー(笑)

 

 

さて、岩手県立美術館では、「花森安治の仕事 デザインする手、編集長の眼」が開催されておりますが

(遠方の皆様も、三連休にぜひ!)

当店にも、今年も入荷いたしました、

花森安治カレンダー。

 

今年も壁掛けタイプが2種。

 

51,5×30cmという、大きめのタイプは1620円(税込)

 

比較的場所を選ばないミニタイプ(30×15cm)は864円(税込)

 

いずれも、絵を飾るような感覚でお使いいただけますよ。

 

ご年配の方への贈り物にも、大変喜ばれるようですので、お気軽にラッピングをお申し付けくださいね。

 

*************

 

今日は他にもいろいろ入荷しているのですが

アトリエナルセさんの新作も!)

全く追いつかないので、明日以降おいおい。

 

(とか言っている間に、aa.(ダブルエードット)の紺のコートも詳しくご紹介する前に完売してしまったので、

どうか、いろいろ気になる方は直接実店舗に見にいらしてください!)

メールでのお問い合わせはこちらへどうぞ。

 

 

| - | - | 22:13 | category: - |
# 秋の香りが届きました

お菓子屋さんのバイトとうちの店を掛け持ちしている、スタッフSちゃんと、

「秋限定のお菓子にはハズレが無いよね〜」

とお菓子談義。

 

芋・栗・かぼちゃ入ってれば、そりゃ試してみたくなるわけですよね〜女性は。

(高校生の頃は、下校途中に毎日「里のくり」というアイスを食べていましたが、

今はモナカタイプの「里もなか」しかないのかなあ……。)

 

そんな同志のみなさまに、今年もカレルチャペック紅茶店より出ました。

 

モンブランティー(カップ用ティーバッグ)

 

そして、ハロウィン時期のお楽しみ、「魔女の目はヘーゼルナッツの色」ということにちなんで

 

ヘーゼルナッツ&アーモンドフレーバーの「TRICK OR TEA!」(カップ用ティーバッグ)

 

いずれも、甘みをつけてミルクティーがおススメ。

秋の夜長に、紅茶を飲みながら読書など、お楽しみください!

 

 

紅茶や、しめつけないくつしたのウール混バージョンなど、ネットショップにUPいたしました。

明日は実店舗が定休日となりますので、

どうぞネットショップのほうもご覧になってみてくださいね。

 

 

 

| - | - | 20:38 | category: - |
# スタジオエムさんの新作器と、書籍のご紹介

一昨日の出張中に、スタッフMさんから

「店の前に毛虫がたくさん!」

という、恐怖のメールが届きました………

 

店の前の木が原因だと思ったので、遠方より「市役所に電話して!」と頼んだところ

すぐ来てみてくださったようで、ほっと一安心。

 

昨日帰ってきて見てみた時は、その木に蜂が……

 

そして、今日は店の中に数匹のハエ……

(スタッフMさん、相変わらず華麗な虫取り網さばき‼キャッチアンドリリース!)

 

日々、いろんなことに対処していかねばなりません……

ここに書いたことなど、たいしたことのない部類ですが。

 

 

さてさて、スタジオエムさんの新作第一弾が届いております。

 

今季のテーマは「Ordinary(オーディナリー)」。

〜毎日の食事をちょっと楽しく〜

 

日常の食事の中でこそ楽しんで使ってもらえるようなラインナップとなっておりますが、

これはどのサイズも出番が多くなりそうだなー!と思う長方形のお皿たち、「エッセン」シリーズからご紹介します。

 

 

【エッセン】長角皿L(2200円+税)/長角皿S(1700円+税)/小皿(800円+税)

 

深みのあるネイビーは、食材が映える色合いで、和洋どちらにも合わせやすそうですね。

長角Lサイズは秋刀魚の塩焼きや、餃子など、

長角Sサイズは魚の切り身や玉子焼き、

小皿はタレやお漬物をイメージしていただくと、大きさがわかりやすいかと思います。

 

深皿L(2300円+税)/深皿S(1800円+税)

 

深みのあるこちらのタイプは、カレーやシチュー、

汁気のあるおかずなどに。

 

お色違いで、ベージュがかった白もあります。

 

 

こちらの白は、どんな食材でもおまかせあれ、の安定感です。

 

焼き魚用に、というと、どうしても和のテイストのお皿が思い浮かびますが、

こんなどちらにも対応できるお皿が1枚あると、本当に便利ですよね。

深皿もしかり。

カレーに炒飯、肉じゃがと、和洋中、どんなメニューにも対応してくれる強い味方です。

 

スタジオエムさんでは、新作のラインナップを実際に使ってみた様子を、サイトで丁寧にご紹介されています。

お料理が載るとこんな感じね!とイメージしやすいので、みなさまもぜひご覧になってみてください。

(エッセンのご紹介はこちら→

 

「手おこし豆皿」紅葉/松/梅/兎/亀 各800円+税

 

まるで和菓子のような繊細なレリーフの豆皿です。

1点1点、職人さんの手作業で生み出されるこちらの豆皿、大量生産される器とは、風情がまるで違います。

土の質感、釉薬の濃淡、そしてモチーフの愛らしさで、全種類揃えたくなりますね。

お正月やひな祭りなどの時にも、あると助かる縁起のいい豆皿、

贈り物にもおススメです。

 

さて、そんなスタジオエムさん(企業名はマルミツポテリさんです)より、書籍が刊行されました!

 

「マルミツ社員食堂 studio m'のうつわと食事」(1400円+税)

 

マルミツポテリのみなさんは、社員自ら調理をして、自社の器を使って食事をとる「社員食堂」を定期的に開催しています。

そんな日常から、次の器のアイディアが浮かんだり、問題点を浮かび上がらせたりされているんですね。

 

こちらの本では、スタッフのみなさんが教えてくれる盛り付けのコツ、器の使い方、お手入れの仕方や、

なんと、52のレシピが掲載されています。

 

 

もちろん、この中で使われている器が気になったら、ご相談いただければお取り寄せも可能です。

スタジオエムファンのみなさま、どうもいつもマンネリの食卓になってしまうな、とお悩みの方、

ぜひページをめくってみてください!

お料理・器選びのたくさんのヒントがここにあります。

 

超熟でおなじみ、Pascoのサイトでも、スタジオエムさんの器を使ったパンのレシピが公開中!

こちらもぜひぜひご覧になってみてくださいね。

| - | - | 19:54 | category: - |
# 人気イラストレーターのメラミン食器シリーズが登場です

昨日は日帰り東京出張で、展示会巡り。

 

いろんなことが重なり、夕方には疲れ最大級で、

普段ならまず頼まないであろう、2300円の千疋屋・シャインマスカットパフェを食べて帰ってきました。

おそらく、頼むスピードも、食べるスピードもNo.1だったろうと思います。

あれほどまでにありがたみなく食べる客もいないでしょう……

 

しかしながら、やっぱり頑張って行ってよかった。

来年の春夏ものまで、またしてもいろいろ楽しみができました。

皆様にご紹介出来る日が楽しみでありますハート

 

そして、今日はこちらの入荷をお知らせです。

レターセットやマスキングテープが大人気のイラストレーター、西淑さん・布川愛子さん・Subikiawa.さん。

 

その皆さんのイラストが全面にプリントされた、メラミンプレートとコップが新発売になりました。

 

AIKO FUKAWA メラミンお皿 1500円+税(Little bear/Hop,Step,and Jump

 

西淑 forest/carnival

 

Subikiawa. パレット

 

正直言って、食べ物をのせてしまうのが惜しいくらいの美しいイラストたち。

大きさ的にはパスタなども十分いけるφ25cm。

通常のお子さん用のメラミンプレートにくらべて、少し大きめです。

 

ですから、絵皿のように飾っておいても、存在感があっていいですね。

 

それぞれに、同柄のコップ(1200円+税)もあります。

Little bear

 

パレット

 

forest

carnival

 

こちらは、通常のドリンク用として、

歯磨きコップとして、

スプーンやペンを入れておくスタンドとして、いろいろな用途でお使いいただけます。

 

Hop,Step,and Jump

セットで贈り物などにもおススメですよ。

 

お子さんから大人まで。

割れにくいので、ピクニックや運動会などのアウトドアでもお気軽にお使いいただきたいと思います。

| - | - | 20:44 | category: - |
Profile
Mobile
qrcode
hina Facebook
Search this site
Sponsored Links